竹中ギー太の忍法帖

ノンポリギター弾きの日々異常無し日記

MENU

ジャムセッション 頻度は高いが注意が必要な50曲

ジャムセッションで扱われる曲は20世紀前半のブロードウェイミュージカルまたは、40~50年代に作曲されたジャズオリジナルが多いのが普通です。

 

実際に演奏を聴いても参加しても非常に効果的な曲が多いと思いますので前回まとめて観ました。

同時期の有名では無い曲も同様の価値を持ちジャムセッションに向いてはいますが、慣れていないと言う理由で上手くいかない可能性も高いと思います。

そういう曲にはお決まりのイントロやエンディングもありませんし、コード進行もあやふやな場合もあります。

 

それ以上に問題となるのは、60年代以降に作曲されたジャズオリジナルです。

いくら自分が好きでもセッションのホストが知らない曲ではうまくいきませんし、自分と同様な参加者がいる場合はさらに危険です。

全員が知っていたとしても演奏経験が無い曲では不安な出来になりがちです。

 

でも、それを克服して楽しんで演奏できるようになれば、セッション自体の価値も上がってきます。

新しくて完成度の高い曲はアピール度も高い場合が多いのは当然ですから。

 

 


ジャズ・スタンダード・バイブル セッションに役立つ不朽の227曲 CD付き

ジャズ・スタンダード・バイブル 2 改訂版 セッションをもっと楽しむ不朽の名曲選 CD付き

 

今回はセッションに取り上げるために注意が必要な曲を50曲取り上げてみます。

そして、ぜひとも楽しんで演奏できるようになるべきであることも付け加えておきます。

 

目次

 

1、バラード

 

ジャズに絶対必要な演奏形態ではありますが注意が必要です。

前の人がバラードで終わった時に連続してはバランスが悪いと言うことです。

自分の持ち曲が2曲の場合は2曲めに演奏すれば問題ないです。

ジャムセッションは演奏家は交代しますが、連続したステージであることも意識してください。

似た曲でもミディアムテンポなら3曲くらいは大丈夫ですがバラードの連続は厳しいですね。

また、リード奏者が多いバラード演奏も厳しいです。

 

1、BODY  AND  SOUL

2、MISTY

3、MY  ONE  AND  ONLY  LOVE

4、IN  A  SENTIMENTAL  MOOD

5、ROUND  MIDNIGHT

6、GEORGIA  ON  MY  MIND

7、STARDUST

8、YOU  DON'T  KNOW  WHAT  LOVE  IS

9、I  REMEMBER  CLIFFORD

10、ANGEL  EYES

11、LUSH  LIFE

12、TENDERLY

13、EMBRACEABLE  YOU

14、LEFT  ALONE

15、DARN  THAT  DREAM

 

比較的演奏されやすいバラードを15曲選びました。

 

2、モード曲または60年代のコンテンポラリージャズ

 

コード進行を簡略化したことにより自由な作風を得られましたが、自由さがあだとなり混乱を招きやすい曲が多いです。

また、歌伴系のホストの場合は演奏経験が無い場合もあります。

もし始めた場合は責任をもって終わらせる義務があります。

 

16、SO  WAHT            IMPRESSIONS

17、MILESTONES

18、MAIDEN  VOYAGE

19、MY  FAVORITE  THINGS

20、BOLIVIA

21、YES  OR  NO

22、GIANT  STEPS

23、BLACK  NILE

24、DOLPHIN  DANCE

25、EYE  OF  THE  HURRICANE

26、FREEDOM  JAZZ  DANCE

27、PASSION  DANCE

28、PINOCCHIO

29、WALTZ  FOR  DEBBY

30、INNER  URGE

 

素晴らしい曲ばかりですので楽しんで演奏できれば良いのですが注意が必要です。

 

3、ブラジル系の曲

 

まず第一にサンバのリズムの理解が必要になります。

ジャズサンバという呼び方もありますが、現代ではブラジルサンバで演奏されることが普通になっています。

 

31、WAVE

32、SAMBA  DE  ORFEU

33、ONCE  I  LOVED

34、ONE  NOTE  SAMB

35、HOW  INSENSITIVE

 

4、70年代以降の曲

 

ジャズの枠にとらわれない曲が多く、リズム面での難しさが目立ちます。

 

36、SPAIN

37、HUMPTY  DUMPTY

38、THE  CHICKEN

39、WINDOWS

40、BRIGHT  SIZE  LIFE

41、BOUNCING  WITH  BUD

42、BUD  POWELL

43、JAMES

44、BREEZIN

45、YOU  ARE  THE  SUNSHINE  OF  MY  LIFE

 

5、ハードバップ曲

 

ハードバップといっても後期はモードを導入したものが多く歯ごたえがあります。

 

46、RECORDA  ME

47、FOUR  ON  SIX

48、AIRGIN        

49、JEANNINE

50、MOMENT'S  NOTICE

 

以上50曲は多少注意が必要な場合がある曲です。

でも、曲の魅力はスタンダード曲に劣らない素晴らしいものなので、バランスよく取りあげて欲しいと思っています。

 

 

ジャムセッションの魅力はまだまだ衰えていません。

難しく奥が深い世界ですが、挑戦しがいのある活動です。

真面目に取り組めば必ず認められますので、独学の方も参加を考えてみてください。