竹中ギー太の忍法帖

ノンポリギター弾きの日々異常無し日記

MENU

ギターを始めたい人のための超初歩講座みたいなもの その1

こんにちは、竹中ギー太です。

 

 多少の知識があるギターの勉強法の超初歩をまとめてみました。

 

このページはまだギターを持っていない人向けです。

好きな音楽ジャンルは決まっているがギターなど触ったこともないって人向け。

 

 

 クラシックギター

 

 ナイロン弦のアコースティックギターはクラシックギターと呼ばれますが、

だからと言って、バッハやモーツァルトを演奏しなければいけないわけではありません。

 

スポーツに例えれば、ナイロン弦はサッカー、鉄弦(エレキギターなど)は野球でしょうか。

そのくらい世界的に普及したギターが、ナイロン弦ギター、通称クラシックギターです。

演奏可能ジャンルは、ほぼすべての音楽、そして独奏に向いているのが強みです。

 

最初に必要なもの

 

1.ナイロン弦アコースティックギター  5万円前後ならヤマハがおすすめ。

2.エレアコギター           アンプが必要。少し値段が張る。

3.サイレントギター          アパート住まいならこれ。ヘッドフォン必要。

 

から選びますが、普通なら1か3のどちらかを選んでください。

サイレントギターはネックが50㎜以上、52㎜がベストです。

 

ほかに、チューニングメーター(千円~)、足台、姿勢よく座れる椅子、爪切りが必要です。

替え弦、爪やすり(サンドペーパー)、教則本、教則動画、プロの演奏CDも必要ですね。

 

ロックギター

 

 

上で鉄弦は野球と書きましたが、ビートルズ登場以後大躍進で、現在はほぼ同等くらいです。

主にソリッド(空洞が無い)かセミアコ(狭い空洞がある)のギターを使用しますが、

非常に多岐に分化し、ジャンルごとに分かれているようないないような。

オリジナリティを出すために他ジャンルのギターを使う人も多いです。

 

1.フェンダー、ギブソンのソリッドギターとその派生。

2.ストラトキャスタータイプのボディにフロイドローズユニット。

3.ギブソン335とその派生形のセミアコ

 

これでは、分かりにくいと思いますが、普通であれば1.か2.です。

 

具体的には、ストラトキャスター、テレキャスター、レスポール、SG、などをもとに進化したギターで、

現代では、フロイドローズ系の弦にロックがかかるタイプが主流です。

以前は初心者の一本目としては難しんではないかと思っていましたが、

現在は初心者でも、ノーマルかフロイドローズ系かの二択で問題ないと思います。

 

ブルースや歌伴系から始めたい人は、ストラトキャスターかその派生。

HM/HR系から始めたい人は、フロイドローズユニット装備のストラトタイプ。

 

初心者なら、立って構えても重すぎない、装備を使いこなせるということが重要です。

最初の一本はヤマハのストラトタイプ(フロイドローズはご自由に)の5万円前後がおすすめです。

 

ただし、エレクトリックですからアンプが絶対必要です。

無いと、ギターの音にはなりません。

練習用アンプはローランドあたりの1~3万円くらいから選んだらいいでしょう。

ほかにチューニングメーター、シールド、ストラップ、ピック、爪切り、教則本、教則動画、目標とする人のCDが必要です。

 

ボサノバギター

 

 

世界最大のギター大国ブラジルが生んだ日本人好みのジャンルです。

 用意するものはクラシックギターと同じです。

 

ジョアンジルベルトとバーデンパウエルのCD必携

メトロノームが特に重要かもしれません。

 

 

フラメンコギター

 

 

フラメンコダンスに対応するギターのジャンル。

クラシックギターに比べると日本では普及途上のようです。

 

アコースティックギター

 

 

鉄弦のアコースティックギターを使用した幅広いジャンル。

カントリーやブルースやロック弾き語りなどに使用されました。

主にアメリカとイギリスで普及しましたが、

日本では日本語に適したポップスの草分けとなるフォークソングの代名詞です。

 

2000年前後から、このギターを使った独奏が一般化し、

日本では南澤氏や押尾氏により一般に普及し、今後も可能性の大きいジャンルとなりました。

 

鉄弦の鉄弦のフラットトップギター、いわゆるフォークギターを使用しますが、

初めてでもエレアコを選んだほうが良いようです。

エレアコならアコースティック用アンプ必携。 

 

ジャズギター

 

 40年代にチャーリークリスチャンによって創始されたジャンル。

ギターの特性を生かし、ピアノとサックスの中間のような立ち位置になる。

 

基本的にはトレモロアームのついていないエレキギターであればなんでもよいが、

やや権威主義なジャンルであるため、フルアコかセミアコの使用が普通。

 

グランドピアノとウッドベースのシルエットがジャズのイメージであるようなので、

ギターの肩身が狭い。

特性を生かした、ラテンジャズやギター独奏に活路を見出している人が多い。

 

70年代にはギターが主役となりえるジャンル「フュージョン」が生まれ、

ジャズの主流になったようなならないような・・・

 

使用ギターはギブソン系フルアコかセミアコがほとんど。

ただし、フュージョンであればほとんどロックギターと同じ。

 

ジプシーギター

 

 フランスのジャズ系ギター音楽。

ジャズより歴史が古いかも。

ジャンゴラインハルトが有名だが、「ギター弾きの恋」という映画でも知られる。

鉄弦アコースティックギターが多い

 

ブルースギター

 

カントリーブルースとエレクトリックブルースに分かれる

前者は鉄弦アコースティックギター、後者はセミアコやソリッドギター。

 

演歌ギター

 

日本独自にクラシックギターから派生

演奏者は意外に多い。

 

など、思いつくままに書いてみましたが、今後さらに充実を目指しますのでよろしくです。